ヒュプセロドーリス・ラクーナ Hypselodoris lacuna Gosliner & Johnson, 2018

ヒュプセロドーリス・ラクーナ Hypselodoris lacuna
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>乙千代ヶ浜
Date
2018/10/10
Size
15mm
Depth
8.0m
Water temperature
26.0℃

特徴

体地色は半透明の白色。
背面は白色で覆われるが、所々に白色で覆われない領域があり、そこが透けて見える。
特に、触角後方の眼域のある2箇所の領域は、大きく、目立つ。
外套膜縁よりやや内側に青紫色の斑紋が並ぶ。
触角は基部が半透明の白色。褶葉の下側が白色で、その先は赤色になる。
二次鰓は半透明の白色で軸の縁が赤色になる。
体長12mmに達する。

分布

アルダブラ環礁、バヌアツ、インドネシア、パプアニューギニア、フィリピン、日本

種小名

体に空いた穴のような模様から命名された
References


 style="