クチヒゲオトメウミウシ Dermatobranchus fortunatus (Bergh, 1888)

クチヒゲオトメウミウシ Dermatobranchus fortunatus
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>慶良間諸島(黒島・渡嘉敷島・儀志布島・前島)>黒島北ツインロック
Date
2014/05/17
Size
5mm
Depth
10.0m
Water temperature
23.0℃
分布:インド洋、西太平洋

体地色は黄白色。
他のオトメウミウシ属のように縦方向に伸びる畝は見られない。
外套膜の最外周と口幕縁には朱色の途切れがちな線が入る。
朱色の線の内側には茶褐色の不定型な斑紋が入る。
背面正中線上には薄い黒色の縦線が入るが、あまり目立たない。
触角は根元が黄白色でその先は黒色、褶葉は朱色になる。先は乳頭状になり先端は白色になる。
口幕の前方中央に茶褐色の斑紋が入る事が和名の由来。
12mmに達する。

観察地:セーシェル、オーストラリア、パプアニューギニア、マレーシア、フィリピン、日本
References


 style="