キイッポンウミウシ Mexichromis trilineata (A. Adams & Reeve, 1850)

キイッポンウミウシ Mexichromis trilineata
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
フィリピン>ルソン諸島>アニラオ>ダイブ7000
Date
2016/04/18
Size
15mm
Depth
8.0m
Water temperature
29.2℃
分布:西太平洋

体地色は薄紫色から紫色。
外套膜最外周は白色の細線で縁取られる。この細線が黄色のものも見られる。
背面には白色で縁取られた黄色の縦線が3本入るが、地域によっては1本だけのものも見られる。
中央の縦線は二次鰓を囲む。
触角と二次鰓は橙黄色。
クシノハイロウミウシ属からレンゲウミウシ属へ移動された。
12mmに達する。

観察地:オーストラリア、インドネシア、パプアニューギニア、パラオ、フィリピン、日本
References


 style="