シロタエイロウミウシ Glossodoris buko Matsuda & Gosliner, 2018

シロタエイロウミウシ Glossodoris buko
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島中部(西海岸)>ホーシュー
Date
2011/05/31
Size
40mm
Depth
15.0m
Water temperature
26.0℃

特徴

体地色は半透明の白色。
外套膜最外周は薄い黄色線で、その内側には幅広い白色の帯がある。
成長した個体では背面正中線上に大きく不定型な白色の斑紋が入る。
触角と二次鰓は白色から薄い黄色。
体長40mmに達する。

分布

フィリピンからパプアニューギニア

種小名

buko (young coconut) に因む。

補足

Glossodoris pallida (Ruppell & Leuckart, 1828) とは外見上の差は殆どないが、DNAなどにより分けられた。
生息域はアフリカ東海岸と紅海。
References


 style="