ベッコウヒカリウミウシ Plocamopherus imperialis Angas, 1864

ベッコウヒカリウミウシ Plocamopherus imperialis
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>田子・浮島・堂ヶ島>浮島ビーチ
Date
2016/07/04
Size
10mm
Depth
8.0m
Water temperature
23.0℃

特徴

体地色は半透明の褐色。
背面は褐色。体表全体に茶褐色の斑紋と、白色の細点が入る。白色の細点は盛り上がるものもある。
外套縁に3対の突起があり、その先端に発光瘤がある。
頭部前縁は左右に広がり、縁に樹枝状の突起が並ぶ。
触角の色は体地色と同じで、茶褐色と白色の斑紋が入る。先端は白色になる。
二次鰓は基部が褐色で鰓葉は体地色と同じ。茶褐色と白色の斑紋が入る。
100mmに達する。

分布

南オーストラリア、ニュージーランド、日本(沖縄)

補足

オーストラリアと日本の種が同一であるかは要調査とされる。
ニンジンヒカリウミウシとの見極めが困難。
References


 style="