コモンウミウシ Goniobranchus aureopurpureus (Collingwood, 1881)

コモンウミウシ Goniobranchus aureopurpureus
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>石切(安和)
Date
2015/11/03
Size
15mm
Depth
15.0m
Water temperature
24.0℃
分布:西太平洋、中部太平洋

体地色は白色。
背面周縁部には紫色の斑紋が並ぶ。
その内側は黄色の小班が散在するが、この部分に褐色のシミ状の斑紋が入る個体も見られる。
触角は軸が白色で褶葉部分が紫色や赤褐色になるが、褶葉縁は白色になる。
二次鰓も紫色や赤褐色になるが、軸や鰓葉の縁は白色になる。
コモンウミウシ Chromodoris 属 からゴニオブランクス属に移された。
30mmに達する。

観察地:オーストラリア、パプアニューギニア、フィリピン、日本、マーシャル諸島、タヒチ
References


 style="