ツノザヤウミウシ Thecacera picta Baba, 1972

ツノザヤウミウシ Thecacera picta
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
フィリピン>ルソン諸島>アニラオ>シークレットガーデン
Date
2016/04/18
Size
20mm
Depth
14.0m
Water temperature
28.7℃
分布:西太平洋、南太平洋

体地色は半透明の白色。
背面全体に黒色の斑紋が入る。この斑紋は点状になったり、連なって線状になるものも見られる。
口触手、触角の先端、触角鞘の外側先端、指状突起の先端、尾の先端が橙色から黄色になる。
このうち触角鞘先端と指状突起の先端は白色になる。
20mmに達する。

観察地:タンザニア、モルディブ、マレーシア、オーストラリア、バヌアツ、ソロモン諸島、インドネシア、フィリピン、日本

和名はBaba, K. (1972). にて提唱された。
Baba, K. (1972). Thecacera picta spec. nov. from Suruga Bay, Japan (Nudibranchia: Doridoidea: Polyceridae). The Veliger, 15(2): 88-90
Baba, K. (1972). Thecacera picta spec. nov. from Suruga Bay, Japan (Nudibranchia: Doridoidea: Polyceridae). The Veliger, 15(2): 88-90

References


 style="