テンテンウミウシ Halgerda brunneomaculata Carlson & Hoff, 1993

テンテンウミウシ Halgerda brunneomaculata
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島中部(西海岸)>真栄田岬
Date
2015/06/23
Size
7mm
Depth
8.0m
Water temperature
27.0℃
分布:西太平洋

体地色は半透明の黄白色。
背面には亀甲模様が入り、線の部分は僅かに隆起して黄色く染まる。
線で囲まれた部分には暗褐色の円班が入る。
外套膜最外周は白色の細線で縁取られるが、これを欠くものも見られる。
触角は体地色と同じで左右に暗褐色の縦線が入る。
二次鰓も体地色と同じで軸の内側が暗褐色になる。
25mmに達する。

観察地:オーストラリア、パプアニューギニア、グアム、日本


 
 style="