ニシキウミウシ Ceratosoma trilobatum (J. E. Gray, 1827)

ニシキウミウシ Ceratosoma trilobatum
Photographed by
cn24
Location
日本>沖縄>本島中部(東海岸)>レッドビーチ
Date
2017/03/19
Size
120mm
Depth
8.2m
Water temperature
21.0℃
分布:インド洋、西太平洋

体地色は赤色や黄褐色、紫色、青みがかった白色などなどたいへん変異に富む。
背面には赤色や黄色の円班が散在するものや、正中線上に赤色の不定形な斑紋が入るものも見られる。
種小名は「3つの突起」という意味で、触角のやや前方の左右で2か所、後方の1か所で外套膜が突出する。
特に後方の外套膜は大きく反り返り、二次鰓を覆う。
外套膜周縁部が紫色や白色などの細線で囲まれる。この線はミナミニシキウミウシのように途切れることはない。
触角の色は通常は赤色。触角の先端が紫色になるものも見られる。
尾は非常に長い。
フタイロニシキウミウシ、フルーツポンチウミウシと呼ばれていたものは本種の色彩型。
120mmに達する。

観察地:マダガスカル、紅海、オマーン、タイ、オーストラリア、ニューカレドニア、インドネシア、フィリピン、台湾、日本
Adams, A.; Reeve L. (1848-50). The zoology of the voyage of H.M.S. Samarang; under the command of Captain Sir Edward Belcher C.B., F.R.A.S., F.G.S., during the years 1843-1846. Reeve, Benham & Reeve: London. Parts I-III.
Adams, A.; Reeve L. (1848-50). The zoology of the voyage of H.M.S. Samarang; under the command of Captain Sir Edward Belcher C.B., F.R.A.S., F.G.S., during the years 1843-1846. Reeve, Benham & Reeve: London. Parts I-III.

References


 style="