テヌウニシキウミウシ Ceratosoma tenue Abraham, 1876

テヌウニシキウミウシ Ceratosoma tenue
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島中部(東海岸)>レッドビーチ
Date
2009/02/15
Size
50mm
Depth
10.0m
Water temperature
20.0℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

体色は赤色、橙色、茶色など変異に富む。
外套膜最外周は紫色や茶色の途切れがちな線で縁取られる。
触角横2カ所と背面中央部2カ所、二次鰓の前部2カ所と後部1カ所で外套膜が大きく張り出す。
特に二次鰓の後部は上部に立ち上がり、二次鰓を覆うものも見られる。
尾は極めて長い。
触角と二次鰓は体地色と同じ色で白色の斑紋が入る。
150mmに達する。

観察地:南アフリカ、モザンビーク、タンザニア、オーストラリア、ニューカレドニア、パプアニューギニア、インドネシア、マレーシア、韓国、日本、ハワイ
References


 style="