ツクモミノウミウシ Trinchesia beta (Baba & Abe, 1964)

ツクモミノウミウシ Trinchesia beta
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
日本>西伊豆>田子・浮島・堂ヶ島>カマガ根
Date
2016/07/20
Size
10mm
Depth
20.0m
Water temperature
18.0℃

特徴

体地色は淡い紫色。
頭部や触角はやや赤味を帯びる。
背側突起は紡錘型。色は赤色で先端は黄味を帯びる。
触角は平滑で長い。色は赤紫色。
体長10mmに達する。

分布

日本

和名

金沢大学能登臨海実験所の所在地、能登半島の小木九十九湾よりとられた
Baba, K. & Abe, T. (1964). A catrionid, Catriona beta n. sp., with a radula of Cuthona type (Nudibranchia-Eolidoidea). Annual Report of the Noto Marine Biological Laboratory, 4: 9-14.
Baba, K. & Abe, T. (1964). A catrionid, Catriona beta n. sp., with a radula of Cuthona type (Nudibranchia-Eolidoidea). Annual Report of the Noto Marine Biological Laboratory, 4: 9-14.

References


 style="