センテンイロウミウシ Hypselodoris maculosa (Pease, 1871)

センテンイロウミウシ Hypselodoris maculosa
Photographed by
今川郁
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>ドロップオフ
Date
2015/11/14
Size
12mm
Depth
9.0m
Water temperature
29.0℃

特徴

体地色は半透明の乳白色。
外套膜最外周は赤色で縁取られる。
外套膜の前縁と後端、尾部は紫色になる傾向があり、そこに白色の細点が集中して入る。
背面には白色の細線が縦に数本入る。また、この細線の間に赤褐色の斑紋が入る。
触角は白色で赤色の輪が1~3本入る。
二次鰓は白色で赤色の斑紋が入る。
40mmに達する。

分布

南アフリカ、マダガスカル、タンザニア、モーリシャス、セーシェル、リユニオン島、紅海、タイ、オーストラリア、バヌアツ、インドネシア、パプアニューギニア、フィリピン、ニューカレドニア、トンガ、パラオ、グアム、マーシャル諸島、日本、ソシエテ諸島、キリバス

和名

背面に細線と細点多数とがあることによると
日本産アオウミウシ属の新種・稀産種・未記録種等 4 種の記載にて提唱された

補足

外套膜周縁の色帯が太く、内側の白色 域と波打つような模様を構成するものをシロウネイロウミウシとする研究者もいるが、本サイトではNudibranch and Sea Slug Identification Indo-Pacific, 2015 に従いすべてセンテンイロの色彩変異とする。
References


 style="