ネコジタウミウシ Goniodoris castanea Alder & Hancock, 1845

ネコジタウミウシ Goniodoris castanea
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>湾内
Date
2013/12/25
Size
10mm
Depth
2.0m
Water temperature
16.1℃

特徴

体地色は淡褐色だが変異幅がある。
体表全体に白色の不定形な斑紋が入る。
背面正中線上に隆起線がある。
外套膜の周縁が盛り上がり、その部分に突起が並ぶ。
触角には褶葉があり、先端は乳頭状に尖る。色は体地色と同じ。
40mmに達する。

分布

ニュージーランド、日本

和名

日本産裸鰓類の研究 (2)にネコシタウミウシと記載されている
References


 style="