キシマオトメウミウシ Dermatobranchus albus (Eliot, 1904)

キシマオトメウミウシ Dermatobranchus albus
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>石切(安和)
Date
2013/02/21
Size
10mm
Depth
15.0m
Water temperature
22.0℃
分布:インド洋、西太平洋

体地色は白色。
背面には白色の縦ヒダがやや末広がり状に入る。縦ヒダの周囲は黄色。
背面最外周と口幕の前縁は黄色く縁どられる。
触角は茎が半透明の白色で、褶葉は暗青色。
学名読みはデルマトブランクス・アルブス。
体長10mmに達する。

観察地:マダガスカル、タンザニア、パプアニューギニア、インドネシア、マレーシア、フィリピン、日本
References


 style="