シモダイロウミウシ Hypselodoris shimodaensis Baba, 1994

シモダイロウミウシ Hypselodoris shimodaensis
Photographed by
黒田貴司
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>門下
Date
2015/07/08
Size
20mm
Depth
15.0m
Water temperature
22.0℃

特徴

体地色は半透明の紫色。
外套膜最外周は白色の細線で縁取られる。
背面正中線上の触角間から二次鰓まで白色の縦線が入る。この線は鰓孔を囲む。
尾の正中線上にも白色の縦線が入る。
触角の基部は体地色と同じ。褶葉部は半透明の橙色。
二次鰓は基部が体地色と同じで、鰓葉は半透明の橙色。
体長40mmに達する。

分布

日本

和名・種小名

模式産地の伊豆下田に因む。

和名

日本産アオウミウシ属の新種・稀産種・未記録種等 4 種の記載にて提唱された

補足


References


 style="