アオウミウシ Hypselodoris festiva (A.Adams, 1861)

アオウミウシ Hypselodoris festiva
Photographed by
今川郁
Location
日本>湘南>葉山>権太郎岩
Date
Size
20mm
Depth
8.0m
Water temperature
20.0℃

アオウミウシとは

体地色は青色。
外套膜周縁部は黄色。
正中線上に黄色の縦線が1本入り、その両側にも黄色の斑紋が入る。
この黄色の斑紋は点状になったり線状になったり、全く欠くものがあったりと変異が多い。
黒色の斑紋が不規則に入るものも見られる。
触角は橙色。
二次鰓は白色で、軸の部分が橙色。
クロイソカイメンを食す。
体長30mmに達する。

観察地

日本(沖縄を除く)、香港、台湾、韓国

学名

読みはヒュプセロドーリス・フェスティバ。
References


 style="