アオモンツガルウミウシ Trapania palmula Gosliner & Fahey, 2008

アオモンツガルウミウシ Trapania palmula
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>沈船ポイント(リバティー)
Date
2017/06/23
Size
8mm
Depth
20.0m
Water temperature
29.0℃
分布:西太平洋

体地色は半透明の褐色。
背面全体に白色の細点が入る。この白色の細点が密になる部分は盛り上がる。
指状突起、頭部前縁、尾の正中線上が黄白色になる。
指状突起の中間部分に青色の斑紋が入るのが本種の特徴。
口触手は黄白色で中間に暗褐色の輪があり、先端はくすんだ橙色になる。
触角と二次鰓の色は体地色と同じで、白色の細点が入る。
学名読みはトラパニア・パルムラ。
体長8mmに達する。

観察地:フィリピン、インドネシア、日本
References


 style="