オレンジウミコチョウ Siphopteron brunneomarginatum (Carlson & Hoff, 1974)

オレンジウミコチョウ Siphopteron brunneomarginatum
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>慶良間諸島(座間味島・安室島・嘉比島・安慶名敷島)>六番(灯台前)
Date
2015/05/20
Size
5mm
Depth
5.0m
Water temperature
24.0℃

特徴

体地色は半透明の白色。
体表には黄色の細点が密に覆う。
頭楯の水管様突起、側足縁、内臓嚢後端の突起が暗褐色になる。
クロフチウミコチョウに似るが、内臓嚢がクロフチウミコチョウよりも細長い事や、側足縁の線が太い事で区別できる。
10mmに達する。

分布

グアム、パプアニューギニア、フィリピン、台湾、日本、マーシャル諸島、南アフリカ、タンザニア

和名

福田(1994)にて、オレンジウミコチョウ (新称: orange海胡蝶) と提唱されたが、図は明らかなオレンジ色で描かれているので、Siphopteron brunneomarginatum ではない可能性がある
References