カザンウミウシ Sclerodoris tuberculata Eliot, 1904

カザンウミウシ Sclerodoris tuberculata
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>沈船ポイント(リバティー)
Date
2016/05/12
Size
35mm
Depth
18.0m
Water temperature
28.0℃
分布:インド洋、西太平洋

体地色は朱色、橙色、茶色など変異に富む。
背面には灰褐色の不定形な斑紋が散在する。
背面正中線上に著しく盛り上がった畝があり、そこにクレーター状の窪みが1つある。
触角は茎が透明で、褶葉が体地色と同じ。
二次鰓は体地色と同じで灰褐色の斑紋が入る。
カイメンを食べるとされる。
学名読みはスクレロドーリス・ツベルクラータ。
体長50mmに達する。

観察地:南アフリカ、マダガスカル、タンザニア、アルダブラ環礁、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本
References


 style="