カビラノツユ Oxynoe kabirensis Hamatani, 1980

カビラノツユ Oxynoe kabirensis
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>底土(三又)
Date
2016/07/12
Size
20mm
Depth
4.0m
Water temperature
21.0℃
分布:日本からのみ知られる

体地色は緑色から黄緑色。
側足には体地色より明るい色の半円状の斑紋が2対ある。
この斑紋の周囲は茶褐色の色帯で縁取られる。
体表全体に黄白色の細点や小突起を生じるものも見られる。
イワヅタをホストとする。
模式産地は石垣島の川平湾。
学名読みはオキシノエ・カビレンシス。
体長30mmに達する。

観察地:日本


 style="