テンガンノツユ Oxynoe kylei Krug, Berriman & Valdés, 2018

テンガンノツユ Oxynoe kylei
Photographed by
KIMOTO Nobuhiko
Location
日本>沖縄>本島中部(東海岸)>天願(昆布)
Date
2016/06/12
Size
5mm
Depth
4.0m
Water temperature
26.6℃

特徴

体地色は淡黄色。
軟体部には暗緑色の細線が縦横無尽に入り、複雑な網目模様を形成する。
側足は厚みがあり、コブ状の突起がある。また、側足の中央部には孔が開き、内側の貝殻が透けて見える。
貝殻上にある薄い軟体部の色は黄緑色で水色の円斑が散在する。
Caulerpa filicoidesまたは、Caulerpa verticillata を食す
体長15mmに達する。

分布

グアム、フィリピン、マーシャル諸島、パラオ

種小名

P. J. Krugの甥、Kyle Andrew Krugに因む

和名

日本初記録地の沖縄、天願桟橋に因む
Krug P.J., Berriman J.S. & Valdés Á. (2018). Phylogenetic systematics of the shelled sea slug genus Oxynoe Rafinesque, 1814 (Heterobranchia: Sacoglossa), with integrative descriptions of seven new species. Invertebrate Systematics. 32(4): 950-1003., available online at https://doi.org/10.1071/is17080
Krug P.J., Berriman J.S. & Valdés Á. (2018). Phylogenetic systematics of the shelled sea slug genus Oxynoe Rafinesque, 1814 (Heterobranchia: Sacoglossa), with integrative descriptions of seven new species. Invertebrate Systematics. 32(4): 950-1003., available online at https://doi.org/10.1071/is17080

References