ユメウミウシ Notobryon wardi Odhner, 1936

ユメウミウシ Notobryon wardi
Photographed by
今川郁
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>プラ・セガラ
Date
2015/05/26
Size
10mm
Depth
15.0m
Water temperature
29.0℃

特徴

体表は非常に滑らかで半透明または赤褐色
明るい青色の斑点がある
体表全体に散在する薄い茶色のシミもある
背側葉は2対で、前方の方がわずかに大きい
その間はU字形の空間があり、連続している
各背側葉には4つの細かく分岐した二次鰓がある

分布

パプアニューギニア、フィリピン、インドネシア、オーストラリア、日本、ハワイ、マーシャル諸島

種小名

最初にこの種を採集した(1929年7月) M. Ward 氏に因む
Pola M., Camacho-Garcia Y.E. & Gosliner T.M. (2012) Molecular data illuminate cryptic nudibranch species: the evolution of the Scyllaeidae (Nudibranchia: Dendronotina) with a revision of Notobryon. Zoological Journal of the Linnean Society 165: 311–336., available online at http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1096-3642.2012.00816.x
Pola M., Camacho-Garcia Y.E. & Gosliner T.M. (2012) Molecular data illuminate cryptic nudibranch species: the evolution of the Scyllaeidae (Nudibranchia: Dendronotina) with a revision of Notobryon. Zoological Journal of the Linnean Society 165: 311–336., available online at http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1096-3642.2012.00816.x

References


 style="