ウツセミミノウミウシ Favorinus mirabilis Baba, 1955

ウツセミミノウミウシ Favorinus mirabilis
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>石切(安和)
Date
2011/03/31
Size
5mm
Depth
10.0m
Water temperature
21.0℃
分布:インド洋、西太平洋、南太平洋、中部太平洋

体地色はほぼ透明。
体表全体に白色の細点が散在する。
背側突起は透明で中腸腺が透けて見える。中腸腺の色は餌に由来する。先端は紫色になる。
触角は褶葉が大きい。色は褐色で、先の部分が白色になる。
口触手は平滑で長い。色は透明で白色の細点が散在する。
他の後鰓類の卵を食す。
15mmに達する。

観察地:コモロ、タンザニア、シンガポール、パプアニューギニア、フィリピン、日本、グアム、マーシャル諸島、タヒチ、ハワイ
References


 style="