トモエミノウミウシ属の一種 3 Favorinus sp. 3

トモエミノウミウシ属の一種 3 Favorinus sp. 3
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>プティサン
Date
2016/11/17
Size
10mm
Depth
18.0m
Water temperature
28.0℃

特徴

体地色は半透明の白色。
体表には白色や黄色の細点が不規則に入る。
背側突起は紡錘型で白色の斑紋が散在する。
触角は平滑で白色の斑紋が入る。
体長10mm程度。

分布

紅海、西太平洋

補足

トモエミノウミウシ属の一種に似るが、背側突起の形状が異なるので別種として扱う。
References


 style="