キンスジツガルウミウシ Trapania aurata Rudman, 1987

キンスジツガルウミウシ Trapania aurata
Photographed by
名谷朋浩
Location
インドネシア>バリ島>トランバン
Date
2016/11/20
Size
5mm
Depth
23.0m
Water temperature
28.0℃
分布:西太平洋、南太平洋

体地色は白色。
触角の前縁と先端、口触手の先、二次鰓の軸、指状突起の縁、尾の正中線上が橙色になる。
近似種のトラパニア・ギッベラとは口触手の間が白色になる事で区別できる。
トラパニア・ヴィッタとは指状突起にオレンジ色が入る事で区別できる。
灰色のカイメン上をホストとする。
10mmに達する。

観察地:ニューカレドニア、香港、日本
References


 style="