トウヨウキセワタ Spinoaglaja orientalis (Baba, 1949)

トウヨウキセワタ Spinoaglaja orientalis
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島中部(西海岸)>ホーシュー
Date
2006/11/10
Size
10mm
Depth
5.0m
Water temperature
24.0℃

特徴

体地色は黒褐色や赤褐色、黄土色と変異に富む。
体表全体に白色の細点が散在するが、その多さや密度には個体差がある。
頭楯の前部と後部に黄色の横線がある。それが側足側まで伸び、連続した模様に見える
黄色線の周囲は白色になり、その周囲は暗色になる。
外套楯の後端にも同様の黄色の縦線がある。
模式産地は日本。
以前は Aglaja属に置かれていた。
30mmに達する。

分布

インド洋、西太平洋

種小名

和名

補足

Philinopsis属からSpinoaglaja属へと変更された
References


 style="