ニセイガグリウミウシ Cadlinella subornatissima Baba, 1996

ニセイガグリウミウシ Cadlinella subornatissima
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>石切(安和)
Date
2013/04/11
Size
10mm
Depth
10.0m
Water temperature
22.0℃
分布:西太平洋

体地色は半透明の白色。
背面中央部は黄色になる。また黄色の色素が全くないものも見られる。
背面中央部には棒状の長い白色の突起がある。突起の先は微かにピンク色に染まる。
周辺部の突起は短くて小さい。色は黄白色。
触角は白色で長い。
二次鰓も白色。
イガグリウミウシ Cadlinella ornatissima とする研究者も居るが、ここでは別種として扱う。
学名読みはカドリネッラ・サブオルナティッシマ。
10mmに達する。

観察地:日本、インドネシア


 style="