ナイスドーリス・ヴィティリガタ Naisdoris vitiligata Paz-Sedano, Cobb, Gosliner & Pola, 2024

ナイスドーリス・ヴィティリガタ Naisdoris vitiligata
Photographed by
bighit2000 Manabu Kakegawa
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>ドロップオフ
Date
2017/03/08
Size
5mm
Depth
15.0m
Water temperature
28.0℃

特徴

体色はピンク
体側背部に大きな白色斑があり、赤褐色の細い線で囲まれていることもある
外套膜の縁には淡黄色の斑紋があり、鋸歯状のトゲと一致する
最前部の突起は先端が半透明の黄色で、基部は淡黄色
最下部の突起と鰓蓋枝の先端は黄色で、基部はピンク色
触角は背側の赤褐色線と同色で、明るい黄色の帯があることもある
ほとんどの外板は黄色を帯びる

分布

インドネシア、シンガポール、フィリピン

種小名

vitiligata とは、この種の背にある特徴的な白い斑点を指す。
皮膚の色素が欠乏している状態を指す。

補足

Okenia liklik とされていた
References