セトミノウミウシ Setoeolis inconspicua (Baba, 1938)

セトミノウミウシ Setoeolis inconspicua
Photographed by
akihito iwakiri(oasis)
Location
日本>湘南>茅ヶ崎>西浜
Date
2019/03/30
Size
20mm
Depth
2.0m
Water temperature
16.0℃
分布:日本からのみ知られる

体地色は淡い橙黄色。
口触手の先端から背面、そして尾にかけて青紫色の線が入るが、色や太さ、入り方には変異がある。
背側突起の先端は黄色で、その下が青味を帯びる。
触角は平滑に見えるが、僅かに凹凸がある。色は体地色と同じで、青紫色の縦線が入る。先端は黄色味を帯びる。
口触手は平滑で左右に長く伸びる。
20mmに達する。

観察地:日本
Baba, K. (1938) Opisthobranchia of Kii, Middle Japan. Journal of the Department of Agriculture. Kyushu Imperial University, 6(1): 1-19.
Baba, K. (1938) Opisthobranchia of Kii, Middle Japan. Journal of the Department of Agriculture. Kyushu Imperial University, 6(1): 1-19.