ツノバネミノウミウシ Catriona pinnifera (Baba, 1949)

ツノバネミノウミウシ Catriona pinnifera
Photographed by
ishikawamasanori 石川雅教 [ 15mm 3.0m 2005/05/05 ]
Location
日本>湘南>葉山>権太郎岩
分布:西太平洋、中部太平洋

体地色は半透明の白色。
背側突起は白色で、先端よりやや下側に橙色の輪がある。
中腸腺は緑色、褐色、白色と変異に富む。
触角は長く、色は褐色を帯びた半透明の白色。半円状のヒダが複数個入る事が特徴。
口触手は触角よりも短い。色は白色で中央部分に橙色の輪がある。
体長10mmに達する。

観察地:パラオ、日本、ミッドウェー環礁、ハワイ
References