ロボアストゥラ・テンタクラータ Roboastra tentaculata Pola, Cervera & Gosliner, 2005

ロボアストゥラ・テンタクラータ Roboastra tentaculata
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
インドネシア>コモド>リンチャ島>カンニバル・ロック
Date
2014/09/08
Size
15mm
Depth
6.0m
Water temperature
26.4℃

特徴

体地色は緑色。
背面の地色は黒色だが、緑色の細点が密に入るので緑色に見える。
体側、及び背面には橙黄色の太い縦線が数本入る。この縦線の周囲には黒色の細い色帯がある。
触角と二次鰓は暗緑色で、褶葉縁と鰓葉の縁が緑色になる。
体長60mmに達する。

分布

マレーシア、インドネシア

種小名

tentaculataは大きくて発達した口の触手を指す。

補足

Pola, M.; Padula, V.; Gosliner, T. M.; Cervera, J. L. (2014). にて、Roboastra tentaculata Pola, Cervera & Gosliner, 2005 として紹介されているが、Nudibranch and Sea Slug Identification Indo-Pacific, 2015では、Tambja sp. となっている。
また、Pola, Cervera & Gosliner (2005) では、グアムからのみ知られると記載されている。
Pola, M.; Padula, V.; Gosliner, T. M.; Cervera, J. L. (2014). Going further on an intricate and challenging group of nudibranchs: description of five novel species and a more complete molecular phylogeny of the subfamily Nembrothinae (Polyceridae). Cladistics. 1-28. (h) Roboastra tentaculata feeding on blue bryozoans (photo: Esperanza Manzano).
Pola, M.; Padula, V.; Gosliner, T. M.; Cervera, J. L. (2014). Going further on an intricate and challenging group of nudibranchs: description of five novel species and a more complete molecular phylogeny of the subfamily Nembrothinae (Polyceridae). Cladistics. 1-28.

Pola M., Cervera J.L. & Gosliner T.M. 2005. Four new species of Tambja Burn, 1962 (Nudibranchia: Polyceridae) from the Indo-Pacific. Journal of Molluscan Studies, 71(3): 257-267 A. Tambja tentaculata n. sp. (CASIZ 162638), Apra Harbour, Guam. Photo by Clay Carlson.
Pola M., Cervera J.L. & Gosliner T.M. 2005. Four new species of Tambja Burn, 1962 (Nudibranchia: Polyceridae) from the Indo-Pacific. Journal of Molluscan Studies, 71(3): 257-267

References


 style="