シャクジョウミノウミウシ Phidiana anulifera (Baba, 1949)

シャクジョウミノウミウシ Phidiana anulifera
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>乙千代ヶ浜
Date
2016/07/06
Size
12mm
Depth
15.0m
Water temperature
17.0℃
分布:インド洋、西太平洋

体地色は半透明の黄白色。
体表全体に白色の細点が散在する。
口触手から触角を通り、尾部まで続く橙色の線がある。
背側突起は半透明の黄白色で、黒色の中腸腺が透けて見える。
背側突起にも白色の細点が散在する。
触角には輪状突起が複数ある。
触角の基部は半透明の黄白色で、白色の細点が散在する。中間部分に橙色の色帯がある。
口触手は平滑で長い。
口触手の色は半透明の黄白色で、基部には白色の細点が入る。中間部分に橙色の色帯がある。
これを Facelinella属に置く研究者もいる。
体長10mm程度。

観察地:インド、香港、日本
References


 style="