ラメリウミウシ Onchidoris bilamellata (Linnaeus, 1767)

ラメリウミウシ Onchidoris bilamellata
Photographed by
黒田貴司
Location
日本>北海道>函館臼尻
Date
2016/06/17
Size
10mm
Depth
6.0m
Water temperature
12.0℃

特徴

体地色は半透明の白色から淡褐色。
背面は不定形な褐色斑が覆う。
背面全体にイボ状突起が並ぶ。この突起には骨片が含まれる。
触角と二次鰓の色は褐色。
集団で後追い行動、産卵行動を行う。
体長40mmに達する。

分布

イギリス、アイスランド、グリーンランド、スヴァールバル諸島、アメリカ、アラスカ、日本

和名

日本のウミウシでコガモウミウシ(新称)とあるが、Baba, K. 1957. にてラメリウミウシと和名が提唱されている。

補足

Lamellidoris fusca (Muller, 1776) は異名
References