コザクラミノウミウシ Occidenthella athadona (Bergh, 1875)

コザクラミノウミウシ Occidenthella athadona
Photographed by
黒田貴司
Location
日本>北海道>函館臼尻
Date
2016/05/22
Size
8mm
Depth
6.0m
Water temperature
9.0℃

特徴

体地色は半透明の白色。
背面から尾部にかけての正中線上に白色の線が入る。
また、白色の細点が疎に入る。
背側突起は中腸腺が橙赤色に透けて見える。先端は白色。
触角は平滑で長い。色は体地色と同じで、半分から先に白色の細点が入る。
口触手は平滑。色は体地色と同じで、白色の細点が線状に入る。
16mmに達する。

分布

西太平洋北部
References
  • Korshunova, Tatiana, Alexander V. Martynov, Torkild Bakken, Jussi Evertsen, Karin Fletcher, Wayan Mudianta, Hiroshi Saito, Kennet Lundin, Michael Schrödl & Bernard Picton. 2017 Polyphyly of the traditional family Flabellinidae affects a major group of Nudibranchia: aeolidacean taxonomic reassessment with descriptions of several new families, genera, and species (Mollusca, Gastropoda). ZooKeys 717: 1–139.
  • コザクラミノウミウシ, 本州のウミウシ, 2004 - 中野 理枝


 style="