エダウミウシ Kaloplocamus ramosus (Cantraine, 1835)

エダウミウシ Kaloplocamus ramosus
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>一本松
Date
2014/11/26
Size
15mm
Depth
5.0m
Water temperature
18.0℃

特徴

体地色は淡黄色。
体表全体に赤色や白色の細点が密に入る。
この細点の多寡には個体差があり、赤色の多い個体は体全体が赤色に見える。
外套縁に5対の樹枝状突起があり、刺激を与えると光る。
頭部前縁にも8本の樹枝状突起がある。
触角と二次鰓は体地色と同色。
コケムシ食。
70mmに達するとされる。

分布

地中海、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、香港、韓国、日本、ハワイ

和名

日本産裸鰓類の研究 (2)にて提唱された

補足


References


 style="