ピリカミノウミウシ Microchlamylla amabilis (Hirano & Kuzirian, 1991)

ピリカミノウミウシ Microchlamylla amabilis
Photographed by
黒田貴司
Location
日本>北海道>知床・羅臼>ロウソク岩
Date
2015/05/29
Size
12mm
Depth
10.0m
Water temperature
5.0℃

特徴

体地色は半透明の白色で、橙色の内臓嚢が透けて見える。
背側突起は中腸腺が赤色に透けて見える。先端は白色。
尾部正中線上に白色の線が入る。
触角はと口触手は平滑。色は体地色と同じで、半分から先に白色の細点が入る。
コザクラミノウミウシとは背面正中線上に白色の縦線が入らない事で区別できる。
26mmに達する。

分布

日本
References
  • Korshunova, Tatiana, Alexander V. Martynov, Torkild Bakken, Jussi Evertsen, Karin Fletcher, Wayan Mudianta, Hiroshi Saito, Kennet Lundin, Michael Schrödl & Bernard Picton. 2017 Polyphyly of the traditional family Flabellinidae affects a major group of Nudibranchia: aeolidacean taxonomic reassessment with descriptions of several new families, genera, and species (Mollusca, Gastropoda). ZooKeys 717: 1–139.


 style="