エゾキセワタ Melanochlamys ezoensis (Baba, 1957)

エゾキセワタ Melanochlamys ezoensis
Photographed by
石川雅教
Location
日本>湘南>葉山>権太郎岩
Date
2008/05/09
Size
3mm
Depth
3.0m
Water temperature
18.0℃
分布:日本、韓国、ロシア

体地色は灰黄色。
体表の殆どを茶褐色から黒褐色の色素が覆う。
白色の細点が入るが、頭楯前方の左右や背面中央部など集中する箇所がある。
Melanochlamys diomedea (Bergh, 1894) と同種であると考えられていたが、解剖学的および遺伝的に調査した結果別種であると確認された。

体長15mmに達する。
References
  • Cooke S., Hanson D., Hirano Y., Ornelas-Gatdula E., Gosliner T.M., Chernyshev A.Y. & Valdés A. (2014) Cryptic diversity of Melanochlamys sea slugs (Gastropoda, Aglajidae) in the North Pacific. Zoologica Scripta 43: 351-369.


 style="