アマクサウミコチョウ Gastropteron bicornutum Baba & Tokioka, 1965

アマクサウミコチョウ Gastropteron bicornutum
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>慶良間諸島(座間味島・安室島・嘉比島・安慶名敷島)>唐馬ドラゴンレディ
Date
2014/12/12
Size
10mm
Depth
13.0m
Water temperature
23.0℃
分布:西太平洋、南太平洋

体色は暗褐色で、白色や黄白色の不定型な雲状の模様が入る。その上に黄色や朱色、白色、黒色の小班が散在する。個体によっては白色や黒色の小班を欠くものも見られる。
心臓嚢後端の突起は短く、先端で尖る。この突起は本科では唯一2本あり、それが種小名の由来になっている。
尾は伸長し、正中線上には黒色の縦線が入る。側足を使って遊泳する。
模式産地は日本の天草。
15mm前後。

観察地:日本、オーストラリア、インドネシア、ニューカレドニア、パプアニューギニア


 style="