アズキウミウシ Elysia amakusana Baba, 1955

アズキウミウシ Elysia amakusana
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>慶良間諸島(座間味島・安室島・嘉比島・安慶名敷島)>唐馬ドラゴンレディ
Date
2015/12/25
Size
4mm
Depth
12.0m
Water temperature
24.0℃
分布:日本からのみ知られる

本州産と南西諸島産で体色が異なる。
本州産の体地色は緑色から褐色。
側足には橙色から橙赤色の細点が散布している。
南西諸島産の体地色は半透明の緑色から褐色。
体表全体に緑色、白色、褐色の細点が密に入る。
更に、大きめの黄色斑や白色斑が入る。
触角は両者とも先端が青みを帯びる。
同種と考えられているが、さらなる精査が必要。
砂地に棲息し、砂に潜る。
学名読みはエリシア・アマクサナ。
アベミドリガイ Elysia abeiと同種と考えられている。
体長25mmに達するとされる。

観察地:日本
References


 style="