エゾカスリウミウシ Diaulula boreopacifica Martynov, Sanamyan & Korshunova, 2015

エゾカスリウミウシ Diaulula boreopacifica
Photographed by
SEKY
Location
日本>北海道>知床・羅臼>ロウソク岩
Date
Size
30mm
Depth
18.0m
Water temperature
7.0℃

特徴

体地色は白色から灰黄色、灰褐色と変異に富む。
背面は絨毛状突起で覆われる。
背面には褐色の斑紋が散在する。
触角と二次鰓の色は体地色と同じ。
体長100mmに達する。

分布

北太平洋

補足

Diaulula sandiegensis (Cooper, 1862) とされていたが、新種として登録された。
References
  • Martynov, A.; Sanamyan, N.; Korshunova, T. (2015). [in Russian] Review of the opisthobranch mollusc fauna of Russian Far Eastern seas: Pleurobranchomorpha, Doridida and Nudibranchia. Bulletin оf Kamchatka State Technical University. 34: 62-87 [30-12-2015].
  • Cooke S., Hanson D., Hirano Y., Ornelas-Gatdula E., Gosliner T.M., Chernyshev A.Y. & Valdés A. (2014) Cryptic diversity of Melanochlamys sea slugs (Gastropoda, Aglajidae) in the North Pacific. Zoologica Scripta 43: 351-369.
  • エゾカスリウミウシ, 日本のウミウシ, 2018 - 中野 理枝
  • エゾカスリウミウシ, 本州のウミウシ, 2004 - 中野 理枝


 style="