ハナイロキセワタ Spinophallus falciphallus (Gosliner, 2011)

ハナイロキセワタ Spinophallus falciphallus
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>アグン
Date
2018/01/12
Size
30mm
Depth
16.0m
Water temperature
28.0℃

特徴

体地色は赤紫色。
体表全体に白色の雲状班が入る。その上に黄色の小班が散在する。
頭部前縁や側足縁が暗褐色なる。
外套楯の後端に細長い突起があるのが本種の特徴。
体長30mmに達するとされる。

分布

インドネシア、フィリピン、日本

和名

高知県大月町西泊海域から記録された後鰓類にて提唱された

補足

Philinopsis属からSpinophallus属へ移されたが、Spinophallusはすでに使用されている名前で国際命名規約に則っていない。
References
  • Andrea Zamora-Silva and Manuel António E. Malaquias Molecular phylogeny of the Aglajidae head-shield sea slugs (Heterobranchia: Cephalaspidea): new evolutionary lineages revealed and proposal of a new classification Zoological Journal of the Linnean Society, 2017
  • 中野理枝 2011, 高知県大月町西泊海域から記録された後鰓類(Opisthobranchs (Mollusca; Gastropoda) from Nishidomari, Otsuki, Kochi Prefecture, Japan), Kuroshio Biosphere 7: 1-35 +20 pls.
  • Philinopsis falciphallus, Nudibranch and Sea Slug Identification Indo-Pacific, 2015 - Terrence Gosliner, Ángel Valdés and David Behrens


 style="