ウスミドリモウミウシ Ercolania subviridis (Baba, 1959)

ウスミドリモウミウシ Ercolania subviridis
Photographed by
石川雅教
Location
日本>湘南>葉山>権太郎岩
Date
2006/10/29
Size
10mm
Depth
7.0m
Water temperature
21.0℃
分布:日本

体地色は半透明の緑色。
体表全体に緑色の線と白色の細点が入る。
白色の細点は触角の先端や背側突起の先端に集中する。
背側突起は細長く、緑色から褐色の中腸腺が透けて見える。
Placida dendritica ミドリアマモウミウシに似るが、触角が長く、平滑な棒状になることで区別できる。
シオグサやホソジュズモに着生する。
種小名に入る viridis は「緑がかった」という意味。
模式産地は富山湾虻が島。
学名読みはエルコラニア・サブウィリディス。
体長15mmに達する。

観察地:日本
References


 style="