アミメキセワタ Tubulophilinopsis reticulata (Eliot, 1903)

アミメキセワタ Tubulophilinopsis reticulata
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>慶良間諸島(座間味島・安室島・嘉比島・安慶名敷島)>唐馬ドラゴンレディ
Date
2011/01/04
Size
15mm
Depth
13.0m
Water temperature
20.0℃

特徴

体地色は黒褐色。
体表全体に白色から淡黄色、部分的に緑色の細点や円班が密に入り、その結果、黒褐色の部分が網目模様に見える。
側足の前部縁と二叉した外套楯の後縁は青色の線が入り、その内側の領域は白色になる。
インド洋産の斑紋が小さく淡黄色のものを本種とし、西太平洋産の斑紋が大きく白色のものを未記載種とする研究者もいるが、ここでは同種として扱う。
30mmに達する。

分布

インド洋、西太平洋、南太平洋

補足

Philinopsis属からTubulophilinopsis属へ変更された
References


 style="