コチョウウミウシ Crosslandia viridis Eliot, 1903

コチョウウミウシ Crosslandia viridis
Photographed by
吉川芳輝
Location
日本>西伊豆>土肥>小下田・飛鳥沖
Date
2009/08/01
Size
40mm
Depth
20.0m
Water temperature
25.0℃
分布:インド洋、西太平洋

体地色は緑色から黄褐色、褐色と変異に富む。
体表には白色の小突起や青色や褐色の斑紋などが入るが、小突起を欠くものや斑紋を欠くものなども見られる。
背側突起は1対で大きいが、先端が2分岐するものも見られる。
一見するとゴクラクミドリガイ属の種に似るが、触角鞘と触角に褶葉がある事で区別できる。
体長30mmに達する。

観察地:タンザニア、パプアニューギニア、日本
Baba, K. 1937. Opisthobranchia of Japan (II). Journal of the Department of Agriculture, Kyushu Imperial University 5(7):289-344, pls. 1-2.
Baba, K. 1937. Opisthobranchia of Japan (II). Journal of the Department of Agriculture, Kyushu Imperial University 5(7):289-344, pls. 1-2.

References


 style="