キイロトラフウミウシ Notodoris minor Eliot, 1904

キイロトラフウミウシ Notodoris minor
Photographed by
近藤 秀生
Location
フィリピン>ヴィサヤ諸島>シキホル島
Date
2014/05/27
Size
40mm
Depth
8.0m
Water temperature
26.0℃

特徴

体地色は黄色。
体表全体に黒色の虎斑模様が入る。
背面にはコブ状の突起が散在する。二次鰓前方の突起は特に大きい。
触角は平滑で棒状。色は黄色。
二次鰓は黄色。
黄色のカイメンを食す。
Notodoris属から Aegires センヒメウミウシ属に移され、その後また Notodoris属となった。
(詳しくは世界のウミウシブログを参照)
学名読みはノトドーリス・ミノル。
ニコニコウミウシは異名。
体長100mmに達する。

分布

タンザニア、オマーン、オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本

補足

日本のウミウシでクロスジレモンウミウシ(新称)とされているが、誤植と思われる
References


 style="