ヤマトウミウシ Homoiodoris japonica Bergh, 1881

ヤマトウミウシ Homoiodoris japonica
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>湾内
Date
2017/04/25
Size
30mm
Depth
21.5m
Water temperature
15.1℃
分布:日本からのみ知られる

体地色は黄褐色や土色など変異に富む。
背面には球状突起が密に入る。
球状突起の一部は長く伸び、先端が黒ずむ。
触角鞘の左右には突起がある。触角の色は体地色と同じ。
二次鰓は肛門を中心に5葉ある。色は体地色と同じ。
体長100mmに達する。

観察地:日本
References


 style="