キイロハケジタウミウシ Geitodoris lutea Baba, 1937

キイロハケジタウミウシ Geitodoris lutea
Photographed by
SEKY
Location
日本>紀伊半島>加太
Date
2018/05/31
Size
40mm
Depth
0.2m
Water temperature
20.0℃

特徴

背中は小さな顆粒で密接に覆われる
触覚の鞘には、粒状の縁がある
二次鰓は肛門の周りに円を描いている
3つに枝分かれしていて、根本で2股に分かれている
背中色は黄色、中心に向かって濃い色合いがある
背面には顆粒状突起がありその先端と触覚は暗褐色
裏面も黄色
歯舌がハケ状になっていることからハケジタウミウシと言う

分布

日本
References