ヨツマタミノウミウシ Embletonia gracilis (Risbec, 1928)

ヨツマタミノウミウシ Embletonia gracilis
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>湾内
Date
2017/04/24
Size
4mm
Depth
2.0m
Water temperature
15.0℃

特徴

体地色は半透明の白色。
背側突起は太短く先端で分岐する。
中腸腺は食べたものによって白色から淡黄色、ピンク色などになる。
触角は平滑で短い。
ヒドロ虫を食べるとされる。
体長30mmに達する。

分布

タンザニア、クリスマス島、オーストラリア、ニューカレドニア、パプアニューギニア、フィリピン、日本、マリアナ諸島、ミッドウエー環礁、ハワイ、メキシコ

補足

イズミヨツマタミノウミウシ Embletonia gracilis paucipapillata Baba & Hamatani, 1963 は異名
References


 style="