アンナウミウシ Chromodoris annae Bergh, 1877

アンナウミウシ Chromodoris annae
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>(旧)八重根港
Date
2013/05/28
Size
??mm
Depth
??m
Water temperature
??℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋、南太平洋

体地色は白色。
外套膜周縁部から細い白色、黄色、白色の順で縁取られる。
背面中央部は水色で、黒色の細点が密に入る。
水色の領域を囲むように黒色の縦線が左右に入る。正中線上に入る黒色の縦線は触角間に短く入るものが多いが、二次鰓まで断続的に続くものも見られる。
触角と二次鰓は黄色から橙黄色。
学名読みはクロモドーリス・アンナエ。
体長40mmに達するとされるが、50mmの観察記録がある。

観察地:クリスマス島、西オーストラリア、マレーシア、バヌアツ、パプアニューギニア、インドネシア、グアム、フィリピン、日本、マーシャル諸島
References


 style="