コヤナギウミウシ Janolus toyamensis Baba & Abe, 1970

コヤナギウミウシ Janolus toyamensis
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>乙千代ヶ浜
Date
2018/05/16
Size
10mm
Depth
13.0m
Water temperature
23.0℃
分布:西太平洋、中部太平洋

体地色は半透明の白色。
背面には白色の乱れがちな縦線と小豆色の斑紋が入る。
背側突起は紡錘型で先端が尖る。
背側突起は半透明の黄褐色で白色の縦線があり、先端は小豆色、その直下は黄色になる。
触角は半透明の黄褐色で小豆色の斑紋が入る。表面には小さな突起があり、その部分は黄白色になる。
50mmに達する。

観察地:日本、ミッドウエー環礁、ハワイ

和名はBaba, K. & Abe, T. (1970). にて提唱された。
Baba, K. & Abe, T. (1970). Two new species of Janolidae from Toyama Bay, Japan (Gastropoda: Nudibranchia). The Veliger, 13(1): 63-66
Baba, K. & Abe, T. (1970). Two new species of Janolidae from Toyama Bay, Japan (Gastropoda: Nudibranchia). The Veliger, 13(1): 63-66


 
 style="